Techouse Developers Blog

テックハウス開発者ブログ|マルチプロダクト型スタートアップ|エンジニアによる技術情報を発信|SaaS、求人プラットフォーム、DX推進

Application Load Balancer (ALB) への謎の大量アクセス攻撃

AWS

Techouse では各事業部でエンジニアがインフラの監視として、AWS・外部サービス等のグラフモニタリングを実施しています。モニタリングでは下記に重点を置いており、インフラ構成の見直しや障害対応の場として活用しています。サービス運用に十分なスペック…

RubyKaigi 2024 - Leveraging Falcon and Rails for Real-Time Interactivity (Day2)

本記事では、Rubykaigi 2024 2日目のSamuel Williams(@ioquatix) さんによるセッション、「Leveraging Falcon and Rails for Real-Time Interactivity」について紹介させていただきます。 2日目のキーノートはリアルタイム通信についての歴史とRubyでの試み…

Techouse はなぜ技術カンファレンスに参加するのか

Techouse 代表取締役 兼 エンジニアの礒邉です。(コードは1日2時間以上書いているので、まだエンジニアを名乗れると信じています。)みなさま RubyKaigi お疲れさまでした!スタッフのみなさま、スピーカーのみなさま、素晴らしいイベントを開催いただき本当…

RubyKaigi 2024 Day2-3 まとめ

先週に行われたRubyKaigi 2024の2日目、3日目のレポートになります!1日目についてもまとめ記事を公開しておりますので、ぜひご確認ください!RubyがこれからもFun to code、A Programmers' Best Friendであり続けるために、様々な観点から技術的挑戦がされ…

RubyKaigi 2024 - YJIT Makes Rails 1.7x Faster (Day3)

本記事では、3日目のTakashi Kokubun(@k0kubun)さんによるセッション、YJIT Makes Rails 1.7x Fasterについて紹介させていただきます。YJITは「Yet Another Ruby JIT」の略で、Shopifyで開発され、Ruby 3.1から導入されたJITコンパイラです。

RubyKaigi 2024 - Breaking the Ruby Performance Barrier (Day2)

本記事では、2日目のMaxime Chevalier-Boisvert(@maximecb)さんによるセッション、Breaking the Ruby Performance Barrierについて紹介させていただきます。YJITはRubyのパフォーマンスを改善するため開発されているプロジェクトです。このプロジェクトの開…

RubyKaigi 2024 - Unlocking Potential of Property Based testing with Ractor (Day1)

本記事ではRubyKaigi 2024の1日目のMasato Ohba(@ohbarye)さんによるセッション _Unlocking Potential of Property Based Testing with Ractor_ について紹介させていただきます。このセッションでは「Property based testing が Ractor の良いユースケース…

RubyKaigi 2024 - Strings! Interpolation, Optimisation & Bugs (Day1)

本記事では、1日目のMatt Valentine-Houseさん(@eightbitraptor)によるセッション、Stringの割り当てに関するバグと解決の話について紹介させていただきます。まず、Stringのメモリ割り当ての説明ですが、Stringは文字列の長さによって割り当てが違うという…

RubyKaigi 2024 - From LALR to IELR: A Lrama's Next Step (Day3)

本記事では、Rubykaigi 2024 3日目のJunichi Kobayashi(@junk0612) さんによるセッション、「From LALR to IELR: A Lrama's Next Step」について紹介させていただきます。junk0612さんは永和システムマネジメントのRailsエンジニアの方で、Lramaのコントリビ…

RubyKaigi 2024 - Matz Keynote (Day3)

本記事では、3日目の最後のセッションである Yukihiro "Matz" Matsumoto(@yukihiro_matz)さんによる Matz Keynoteについて紹介させていただきます。発表者は Rubyist であれば誰もが知っている Ruby 生みの親 Matz ことまつもとゆきひろさんになります。テー…